平成の徳政令

| コメント(0) | トラックバック(0)

亀井静香郵政問題・金融担当相(国民新党代表)による「平成の徳政令」案が物議を醸し出しているようだ。

内容は中小企業による借入金や個人の住宅ローンなど銀行への返済に一定の猶予期間(モラトリアム)を設ける制度の導入を検討するというものらしい。

中小企業や住宅ローン問題って確かに大きいと思う。カテゴリーで言うと中小企業に該当する当社にとってもこの論議がどう決着づくのかが大変見ものである。

銀行の貸し渋りにもろに直面した私としては是非この法案を通して頂きたいが、それもやはり他力本願。個人的にはどこにも頼らず自力で生き抜ける力を養い続けたいと考えるが、政治の力によって助けが得られるに越したことはないとも思う。

政治に関してはどちらかというと自分にとって身近なトピックがあまりなかったた為、興味は薄かったが、民主党による政策は割と耳を傾けてしまうトピックが多い気がする。

世の中の動きを見据えながら当社も戦略を立てていきたいと思う。


It's BUZOO Life.
~自分らしく生きる~

バズー株式会社 
代表取締役 森下洋次郎

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://president.buzoo.jp/mt4/mt-tb.cgi/170

コメントする