2009年11月アーカイブ

芝大門の珍百景

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近TVの取材が多いことを受けて、こんなタイトルをつけてみる。

200911231552000.jpg

芝大門は、芝大神宮前で見た珍百景。
クレーンがクレーン車を吊り上げている。
大型ビルの建設ではこんなサプライズな技術があるのかと感心した。

さて、今日はブログコメントに対してご返信したい。

>熱血ブログ熱血法人から社長や社員の意気込みが感じられる意欲的な文章でした。
>またブログ期待しますどんな熱血法人か、またどうしたらそうであることができるのか、今後の具>体的なお話、エピソードそして実績についても期待し楽しみにしています。
>なぜならわたくしも同じ志を目指すものとして御社を応援しまたいつもブログを楽しみに参考に>させていただいているからです。
>パワーをいただいております

どんな熱血法人なのか?という問いに対しては先日からお話しさせて頂いた通り以下4点である。

・チーム全員が常に熱意を込めてお客様の期待に応えられる集団であること
・期待に対しては確かな成果を提供できる集団であること
・成果が対価を産むことを理解している集団であること
・全員が『全員攻撃、全員守備』を徹底できる集団であること

特に最後の『全員攻撃、全員守備』を重視している。
当社でのビジネススタイルは職種問わず、広い守備範囲と多彩な攻撃センスを求めている。
特に新規ビジネス立ち上げ時にはこれがとても功を奏するケースが多い。
立案したスタッフが企画・調査から開発・ローンチまで全てワンストップで対応したりするといった具合である。

ベンチャー企業が大手に勝つポイントはとにかく『スピード』。
サブプライム以降の不況は当社にとってはある意味チャンスだと考えており、大企業が当たり前にやってきたプロジェクトが進まず、リストラを進める中で、意思決定に時間がかかるケースが多い。そんな今だからこそ、極めてスリムな組織と自負するバズーではスピード勝負で新規サービスをリリースさせることに命を掛けているといっても過言ではない。

先行者メリットで逃げ切れば小さな市場でも大きなシェアを占めることが出来ると言った理屈である。

当社『Mixiアプリ青空文庫』や『セレブスタイル事業』はその典型例。
スピードにこだわり、目先の利益は気にせず、とにかくユーザーのニーズに応えることを心がけてきたからこそ形になったものである。

毎日をブレイクスルーし続けることが我々熱血法人の目指す姿である。

『熱血法人バズー』 
熱血社長 森下洋次郎

バズービルの2FサロンにネイルサロンがOpen.
image.jpg

パートナーのテナントさんによるネイルインターンシップ生による激安サロン。
ソフトジェル10本2,790円で提供可能。

HPはコチラ 

当社ビルがあらゆるコンテンツデパートに変貌していく仕掛け第一弾である。

ネイルサロンに行かれる時はセレブスタイルへ。
さらに前後の時間はレッスンへ足を運んでくださいませ!

『熱血法人バズー』
熱血社長 森下洋次郎

昨日はボジョレー・ヌーヴォー解禁日。

丁度セレブスタイルのレッスンもそれに併せて開催されるということで、会員の方に交じって、社員と当社お取引様も交えてレッスン受講。

ワインの蘊蓄を学び、レッスンを終わった後に私も一緒に参加して、解禁日を祝うことが出来た。

取引先様のご担当者様は新たなキャリアアップとして転職されたばかりでお祝も兼ねた会。
前職時代は大変お世話になった方で、非常にバランスの取れた方であり、転職先の倍率もかなり高かったとか。(さすがです、Tさん!!)

いろんな話が出来て、取引先として当社への印象など興味深い話をうかがえた。取引先様を当社サロンにお招きして、しかもボジョレーを飲むという、素敵な夜だった。

熱血法人バズーとして新たなスタートを切ったばかり初日でいい酒が飲めた。

明日も熱血で頑張ろうと思う。

『熱血法人バズー』
熱血社長 森下洋次郎

唐突なタイトルに惹かれたアナタにまずは感謝したい。

この熱血社長ブログによる新たなリリースのお知らせである。

11月18日本日。
我々バズーチームでは会社を『熱血法人』として位置づけ、取り組んでいくことを新たに決意。

バズーで考える熱血法人とは以下4点である。
・チーム全員が常に熱意を込めてお客様の期待に応えられる集団であること
・期待に対しては確かな成果を提供できる集団であること
・成果が対価を産むことを理解している集団であること

・全員が『全員攻撃、全員守備』を徹底できる集団であること

100年に1度の未曾有の不況と呼ばれる、この時代。
物も売れず、予算も削られ、経済マーケットに明るい話題は殆ど無い。
モバイルソリューションを請け負う当社の外部環境においても例外ではない。

お陰さまで当社の地道なリリースを見て頂いてかお客さまからの問合せは
昨年度実績を比べると倍増していきているものの、不況の影響を受けてか決して潤沢な話しばかりではなくなってきている。

ここ半年間の営業実績を見ていると、問い合わせは増えているものの、
予算の関係でお断りさせて頂くケースが増えて来ている反省点を踏まえて、
お客様を選ぶことなく、熱意を込めて期待に応えていくことを全員で決意した。

バズーチームが『熱血法人』としてお客様の期待全てにお応えしていくことが
長い目で見たときには大きな対価となると考えている。

セレブスタイルの立ち上げやMixiアプリリリース等、明るい商品リリースが
多い中で、今一度会社のコンセプトを『熱血法人』として取り組むことで
さらなるメンバー間のブレイクスルーを導き出したいと思う。


『熱血法人』バズー株式会社 
代表取締役 森下洋次郎

昨日リリースした当社Mixiアプリ「青空文庫」が目茶苦茶アツい。

初日: 会員20,000人、PV 30万PV
2日目: 会員60,000人、PV100万PV

破竹の勢いで社内の多メディアを一気に抜きんでた形である。
たった二日で東京ドームを埋め尽くす人数を集めるサービスが
遂に当社でも生まれたことに全員がサプライズ。

社内開発チームから発信したこの「Mixiアプリ」プロジェクト。

早速サービスページまで開発陣が作ってくれたので告知です。
11月末日までに当社にご発注頂けたお客様限定に、なんと
100,000円で「青空文庫」第2弾と成り得るMixiアプリをご提供します。

20091118.jpg
詳しくはコチラ

一般的な事業の進め方は、企画から市場調査が始まり、
収益化を検討したうえで開発を進めるケースが多いが、今回のケースは全く逆。

開発リーダーの直感と知的好奇心から生まれたこのプロジェクト。

実績値以上に定量的な要素で会社へ与えたインパクトは大きいと考えている。
社内の雰囲気は俄然、「全員攻撃、全員守備(=全員が営業から開発までを引き受ける)」、昔キャプテン翼に登場した「富良野高校」のような布陣になりつつある。
(私自身が開発が出来ないことを除けば富良野高校を超えるポテンシャルはバズーには大いにあると思う・・・。)

一般的に、1億までは社長が売上を創り、10億までは組織が売上を創ると
昔読んだ数多くのビジネス書で語られていたことが、今まさに当社で起こっている気がしている。

今後は青空文庫をご利用頂いているユーザーの皆様のご要望にお応えしながら、サービス満足度を上げていくこと、そして、サービスを継続していく為の収益源をしっかり確保していくことが課題である。


It's BUZOO Life.
~自分らしく生きる~
バズー株式会社 
代表取締役 森下洋次郎


最近のお気に入りミュージック。

「希望の唄・FUNKY MONKEY BABYS」

名前は聞いたことがあったが、昔からのバンドというイメージがあり、
もっとオジサンなのかと思ったら若い方々によるユニットのようだった。

言葉や音楽で人を感動させられるアーティストは素晴らしいと思う。
昨日テレビで見かけたら釘づけになり、今日はダウンロードして
仕事中連続再生して聞いている。

頭に残るサビ部分を抜粋。

---------------------------------------------
あなたがいて あなたといて こんなに幸せになるよ
忘れないで そのぬくもり 他の誰でもないあなた
この世界で 1人だけの あなたに出会えた奇跡が
こんな僕を 勇気づける 力があなたにはあるの
---------------------------------------------

歌詞が最高である。
Funkyなアーティスト名から想像もつかない純粋な歌詞だと思う。
他にも全ていいフレーズが散りばめられており、
私自身とても元気づけられた。

プロである以上、サービスの究極の姿は「感動の提供」だと考えている。

バズーでもこの考え方は重要視しており、
提供するサービスでどれだけお客様に感動して頂いたかが我々の成果というわけだ。
モノがたくさん出回る中で、当たり前のサービスや商品では感動を与えづらい。
感動を与える為の『感動創造力』こそ今の企業に必要な要素だと思う。


It's BUZOO Life.
~自分らしく生きる~
バズー株式会社 
代表取締役 森下洋次郎

昨日深夜にベッキーがMCを務める「グータンヌーボ」という番組を見た。

「年商100億の女」神田うのさんと「100億の経済効果を生む女」益若つばささんとの夢のコラボレーションという豪華な演出。

神田うのさんのデザインしたウェディングドレスを見たことがあったが、ドレスの中で群を抜いてるなと当初から思ってはいたものの、年商100億円を超えたと聞いてかなりのサプライズがあった。出演してた彼女の顔は実業家と変貌してたことを受けて納得感がある。

二人のトークを聞いてて、モノづくりの苦労話や、事業を成功させる秘訣等参考になる部分がかなり多かった。

成果を生む人々にはいろんな法則があるが、一つ言えることは皆そろって「経験値」があるということだと思う。

「経験からしかモノゴトは語れない」コトは従来から私自身のフィロソフィーでもあるが、経験を経た人にはそれ相応の「顔」があり、強いメッセージ性がある。特にこのお二人には強いパーソナリティーを超えた深みのある「顔」があったと思う。一方でベッキーも子供服デザインでかなりの成功を収めている模様。(個人的には彼女のきさくなパーソナリティーが一番好みであるが、、、もとい。)芸能界でビジネス展開する先行者3名によるこのキャスティングを考えられた制作チームも偉大だし、これら演出によるインプットはかなり大きかった。

私も創業して4期目を迎えるが、コト「経験値」においてはまだまだ未開の地が多い。未開の年商だったり、未開の事業分野、未開の人脈等、どれも自分としてもっと深めていきたいと考える分野ばかりだ。

「経験値」がその人の「顔」を創り、そこに「人が集う」。ビジネスはそれを実現する最適な分野であり、ツールだと思う。私は経営者としてまだまだ修行僧の身ではあるが、もっとストイックに取り組みこのスパイラルが常に最適化される流れを目指したい。


It's BUZOO Life.
~自分らしく生きる~
バズー株式会社 
代表取締役 森下洋次郎

ここ半年で事業が急ピッチで進んできた為、体制強化の為、人材を募集しております。
マネジメント候補としての募集ですが、今期中にプロパーメンバーは勿論、当採用によって入社された方かあら役員選出を1名決める予定です。

チャレンジ精神のある方は、是非お問い合わせを。

要綱は以下の通りです。

コンサルティング営業/プロデューサー

■担当業務:自社で企画開発しているBtoC/BtoBのモバイルソリューションの営業およびプロデュースをお任せします。具体的には、エンドユーザや国内最大手の広告代理店のプロモーション案件などに企画段階から携わり、自社が請ける案件のプロデュースや、モバイルを用いた業務改革の提案、ユーザー側に入り込んだベンダー管理などを手がけて頂きます。同時に自社のディレクターや開発部隊への指示出しなどもお任せします。
■組織構成:現在社長中心に営業を行っており、ディレクター、開発にそれぞれ責任者がいる体制です。今後同社はモバイル事業とセレブスタイル事業の双方の成長を目指しており、モバイル事業の責任者候補として更に成長促進させられる方を求めています。変化の早いモバイル業界で、ビジネスそのものも新たに作り出せるため、柔軟な発想力や知恵が求められます。
■求人の特徴:大手企業のプロモーション案件にも参画しており、企画・実装能力においてお客様からの信頼も高く、営業だけに留まらずプロデューサーとして高い企画力・推進力を磨ける環境です。また、同社サロン事業で培ったサービス利用者としてのノウハウも用いユーザー目線での提案に長けています。
■同社の主なモバイル事業
(1)「ECEngine」ECサイトの構築・運用(B to B)
(2)「Mobile Engine」キャンペーンエンジンの企画・制作・運用(B to B)
(3)「SNS Engine」SNSサイトの構築・運用(B to C)
(4)「エコマーケティング」CO2排出権/環境ビジネスのシステム構築(ASP)
(5)「サロン向けに特化されたASP型携帯サイト構築ツール」
■案件実績など:大手消費財メーカーのCMキャンペーンなど、様々な新サービスや新しい企画を手がけています。顧客ニーズと時代のトレンドを捉えたサービス展開により、景況感に関わらず国内最大手の広告代理店から信頼を得ています。
■魅力:(1)既存ビジネスの枠に捉われず「世の中で誰もやっておらず、自分達が一番ワクワク出来るビジネス」に取り組むことを同社のミッションにおいており、若くから大きな裁量を持って業務に取り組んでいけます。
(2)高い企画力とビジネス推進力、技術力を持った集団の中で、若くから大きな裁量を持って早いスキルアップが可能です。

■必須条件:
・インターネット業界での提案営業経験4年以上
・Webプロデューサー経験があり案件獲得も行っている方
■希望条件:
・Webデザイナー/コーダー/ディレクション経験
・モバイルに携わった経験
■求める人柄:
・自ら知恵を使い、マニュアルがない仕事でも自分で考えて進める方
・周りをひっぱることが出来る方
・自らの収支を意識しプロフェッショナルとして仕事に取り組める方
■求める人物像
・顧客思考を持っている方
・チームのムードメーカーとなりうる方
・柔軟な考え方を出来る方
・過去に失敗を経験したとしても、そこから何かを学んできた方


企業概要

■事業内容: 同社は、2006年に「お客様に愛される会社No1になる」ことをビジョンに掲げ設立し、モバイルのメディア事業とソリューション事業を軸に展開しています。また、環境保護にも力を入れており「エコ」に関する取り組みとしてエコマーケティングというサイトを運営しています。今後も、既存の事業の枠には捉われず市場・顧客のニーズに合わせた新規事業を検討しています。
■主要サービス
(1)モバイルソリューション事業(サイトプラットフォーム提供、ビジネスコンサルティング提供、運営代行、倉庫管理・配送代行、事務局代行、決済サービス)、モバイルメディア事業
(2)セレブスタイル事業(創業8年になるセレブスタイル事業をM&Aし自社ビルにて展開)
■サービスの特徴:
バズーではモバイルビジネスを始められるお客さまに対して下記アプローチでサービス提供いたします。
単に携帯サイト制作を行うだけでなく、携帯ビジネス自体を成功に導く為にプロフェッショナルなサービス提供を実現しています。また、セレブスタイル事業へのシステム提供も一貫して行い、WEBのユーザーとしてのナレッジも取り入れた顧客ニーズに沿う深い提案を行っています。
■組織風土:
個の力は元より、チームとしての力を重視し、メンバー間では家族同様に思いやりをもって接することが出来る組織作りを目指しています。個人プレー選手よりも柔軟性・チームプレーを持ち合わせたメンバーが多いです。また、『お客様第一』の精神の元、常に顧客思考を持ち、そのためであれば努力をいとわない組織風土です。


応募はinfo@buzoo.jp にお問い合わせください。
締切はいい人に巡り合え次第としたいが、年内目途とさせていただきます。

It's BUZOO Life.
~自分らしく生きる~
バズー株式会社 
代表取締役 森下洋次郎

久々の更新

| コメント(0) | トラックバック(0)

バズー始まって以来、おかげさまで忙しい日々を過ごさせてもらっており、
毎日いろんなことが良くも悪くも起こってくれる。

良いことは誰にとっても良いが、悪いことで如何に立ち振舞うかが重要と
個人的には考えている為、悪いことが起こった時について今日は述べたいと思う。

大概の事は話せば分かってもらえるケースが多いが、会社として動いてる以上、自分が話してない部分で誤解を与えてしまうケースも少なからずある。結局自分の懐に返ってくるケースが多いが、これがもっとレベルの高い組織が出来てればもっと高い顧客満足を得られるのにとつくづく思う。

経営者という仕事は様々な内容があるが、人材に関しては世間で言われている以上に個人差が大きいものだと思うし、それによる結果の違いはもっと大きいと思う。

どうすれば自分の考え方と近しい人材を創れるか?
個の集合が足し算ではなく掛け算として機能するにはどうすればよいか?

この2点が最近、私がもっとも知恵を絞るテーマである。

昨日「ガイアの夜明け」をTVで見たが、能力主義というのはいっときはやったものの、導入した結果、成果を感じてない企業が大半あると言う。ある意味凄く納得のいくデータではある。取り上げられていたのは「ユニチャーム」の営業マンで、同社では実績として予算ではなく、行動によって評価基準を定めているという。これによって会社の業績が鰻上りになったとか。経常利益のグラフが表記されていたが、とても美しいカーブを描かれていたのに少し驚いた。その企業にとってや部署にとって意味のある数字は何なのか?を考えるのが重要なんだと思う。

できる経営者ほど自分でこれを抱え込む傾向があるが、この数字は担当者レベルでも分かりやすい数字を落とし込んで、会社の状況を共有した方がやはり私は良いと考える。最近私も自分の業務に追われて、指標管理を滞っている傾向にある為、この点はしっかりと是正していきたいと思う。

It's BUZOO Life.
~自分らしく生きる~
バズー株式会社 
代表取締役 森下洋次郎