ショートレビュー終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

監査法人によるショートレビューを受けた。

前職含め、デューデリや監査の経験があった為、
ある程度想像付く範囲ではあったものの、バズーとしては
初めての試みであった為、3日間という短い期間ではあったが、
監査の視点がより深く学べて意義があったと思う。

今回のショートレビューを受けたのは、バズーの企業価値を
上げていく為の必要条件として考えている点が大きい。

一方で監査基準に沿う形で業務フローに改善を加えていくこと
はとにかく手間とコストがかかってしまう。

発展途上のベンチャーでは、せっかく出した利益も
監査契約やそれに伴う販売管理費によって軽く吹き飛んでしまうことはざらにある。
(だからこそ当社では内部留保をかなり重視している。)
業績低迷で監査契約解除が進んでいる状況はその表れだ。

そのトレードオフの状況下で重要なことは
企業成長を考える長期計画と中期計画のバランス感だと思う。

お陰さまで最近は当社の噂を聞きつけて幾つかの証券会社様
と面談させて頂いてるが、話を聞けば聞くほど、
自社の経営スタンスをしっかり持つ必要性を痛感する。
株式公開に向けて急すぎる成長シナリオは今の時代となってはリスクが高い。

バズーとして公開を目指す目的はあくまで『ブランディング』であり、
ブランド価値を高める為に株式公開というステップがあるという考え方である。

ご担当頂いた監査員の方もとても親切な方々で、
そんな私の悩みを親身になって考えて頂いた。深く感謝したい。

早速頂いた指摘事項を踏まえて業務改善に取り組んでいきたいと思う。

『熱血法人バズー』 
熱血社長 森下洋次郎

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://president.buzoo.jp/mt4/mt-tb.cgi/208

コメントする