『ウサギとカメ』の話の続き

| コメント(8) | トラックバック(0)

前回ブログで『ウサギとカメ』の話しを上げさせて頂いた。

以下前回ブログ引用
---------------------------------------------------------------
皆さんはどう考えるだろうか?長い人生を考えると「失敗」にぶつかったときの対処法をクリアにしている方が持久力が芽生えるし、人間力もアップすると私は考える。イソップ寓話に出てくる「ウサギとカメ」の例を考えると想像しやすいであろう。
---------------------------------------------------------------

実はこの話の解釈には続きがある。

この話のあらすじはWikipediaによると以下である。

以下Wikipedia引用
---------------------------------------------------------------
ある時、ウサギに歩みの鈍さをバカにされたカメは、山のふもとまでかけっこの勝負を挑んだ。かけっこを始めると予想通りウサギはどんどん先へ行き、とうとうカメが見えなくなってしまった。ウサギは少しカメを待とうと余裕綽々で居眠りを始めた。その間にカメは着実に進み、ウサギが目を覚ましたとき見たものは、山のふもとのゴールで大喜びをするカメの姿であった。
---------------------------------------------------------------

usagitokame2.jpg
単純にカメのようになればよいというだけではやや浅い。

真の解釈は『彼らは何処を見ていたのか?』ということである。
足が速く自信過剰のウサギは、自分より遅いカメ(=他人)ばかりみていた。カメばかり気にした結果、余裕と奢りが生じ、結果惨敗に終わる。人間に例えると『周囲の人の評価や、年収、地位ばかり気にするあまり、失敗に陥る』という教訓とも言える。

一方でカメは何処を見ていたか?答えは『自分』である。カメが勝負に挑んだのはあくまでウサギに馬鹿にされたことがきっかけではあったが、いざ勝負に入るとウサギ(=他人)を気にしていたわけでは決してない。自分自身を見ていたからこそ勝利があったと思う。戦うべきは自分自身であり、自分が決めたゴールや目標に向かって挑んだ勝負だったからこそ、結果としてウサギに勝利したという訳である。

人は皆、周りのことが気になるし、周りから自分がどう見られているのかを一つの評価として考える傾向である。当然ながら社会に出ると必要最低限のスキルとも言える。しかしこれにとらわれ過ぎるとウサギのような結果に陥りやすい。長い人生を考えると失敗もあるし、挫折することもある。それら全てを自分なんだとと受け入れる事が重要だと思う。自分を創るのはあくまで自分であり、他人ではない。ここを強く意識すれば飛躍的に人間力に磨きがかかってくると考える。

これはあくまで私なりの解釈である。

子供向けの寓話や絵本は実は奥が深い。当社スクール事業で行う、「現役アナウンサーによる話し方」で以前子供向けの読み聞かせ講座をやった時にも先生なりの切り口で「ぐりとぐら」に関する解釈のご説明を頂いたが、これまたとても納得する見解があった。当スクールでは外見は勿論、内面磨きの強化に講師や事務局は真剣に取り組んでいる。実際に生徒の方から感謝のメッセージを頂けることがとても多くなってきた。毎週のようにメディアに取り上げられ、多くの生徒さんにご入会頂けているのには、これからさらに自分らしさを見つけ、磨きかかった女性を輩出していきたい、そんな想いがスタッフ一同強くあるからだと考えている。

興味のある方は是非体験予約を!


『熱血法人 バズー』
熱血社長 森下洋次郎

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://president.buzoo.jp/mt4/mt-tb.cgi/277

コメント(8)

童話は深読みすると面白いですよね!
現実を見ると、勝ち組と言われる人たちはウサギで、ブッチギリで一位になるほうが多いと思います。
カメのような大器晩成型は素敵だと思いますが、人間明日死ぬかもしれないし、焦りがつのるばかりです。

そうですね。ぶっちぎり一位を取る人はそうかもしれませんね。私の周りにもそんな人がたくさんいますから良く分かります。

でも一位を維持し続ける人はその中から一握りです。徹底して目指すというのも一つの手だと思いますし、その場合は負ける処世術を覚えておくといいですね。

清水さんが、ぶっちぎり一位を目指す意欲が確固たる実績になっていくのを応援してますよ!お互い頑張りましょう。

「自分を創るのはあくまで自分であり、他人ではない。」
同感ですね。


以前は完全にウサギだった気がします。
学生の頃、卒業アルバムに『大器晩成』と書いてましたが(笑)。

今は…油断しないウサギ。でありたいですね。


気になるのは
カメは寝ているウザギを追い抜くときどんな気持ちだったのか?
起こす気はなかったのかな~?
(別ルートで気が付かなかったって可能性もありますが。)
ここでカメがウサギを起こして仲良く頂上だったら感動しちゃうかも。


私がカメだったら…
そもそも勝ち目の無い勝負を挑むより、他の自分の優位な点をアピールしてたかもしれないですね。

あの話はどちらかというと、油断大敵を説いた話だと思います。

うさぎは勝負をサボるつもりだった訳ではなく
計算して休んで、起きた後まだ後ろに亀が居ると思い込んで負けたのだから
計算が狂っただけではないでしょうか。
現実でも難しいスケジューリングですが
やはり、急ぐよりは無理のない範囲で計画を立てたいものです。

>今は…油断しないウサギ。でありたいですね。

ふむふむ。攻めるディレクターには必要な要素ですね。共感します。

>ここでカメがウサギを起こして仲良く頂上だったら感動しちゃうかも。

これはいい!
このレベルのカメがいたら賢人ですね。

>私がカメだったら…
>そもそも勝ち目の無い勝負を挑むより、他の自分の優位な点をアピールしてたかもし
>れないですね。

そうですね。負けるのは誰でも嫌だと思う。だから皆勝ち戦に走りがち。それでもいいけど、たまにはハイリスクハイリターンもいいと思いますよ。

この場合、勝ち目うんぬんではなく、その勝負自体を余儀なく強いられる。そうすると自分でもがいて考えるしかないから人間力もさらに磨かれると思う。今の僕らのステージではこういったチャレンジに取り組んでみてもいかも?

>やはり、急ぐよりは無理のない範囲で計画を立てたいものです。

ふむふむ。堅実な考えですね。失敗しないにはいいやり方だと思う。でもここ1年は割と無理なくやってこれてない?(そうでもないかな・・・?)


結局、慢心して計画を後回しにしてしまったのがウサギの問題だと思います。
私みたいですね。
大丈夫だと思っても、きちんと準備などをしておかないとあとで痛い目見ることはよくありますよね。

そうですね。用意周到が一番です。

コメントする