インドネシアスタッフ紹介

| コメント(0) | トラックバック(0)

13日~21日をかけて我らがCTO駐在するインドネシアジャカルタ出張に向かった。

いろんな方と情報交換しながら驚いたのはここ数カ月における日系ネット系企業の進出状況である。出会った方々からの情報から察するに大方のネット系企業が現地の視察レベルは終えているという所感。

我がバズーチームはと言うと、CTO中心に実に優秀なチームが作られていた。駐在拠点を設けるネット系企業増えてきたものの、CTO自ら駐在して開発拠点を作っている体制を取っているのはどうやら我が社ぐらいのようである。その効果があってか当社の現地スタッフは非常にまじめに働き、技術革新に取り組んでいたのではないかと思う。

今日はバズーインドネシアで働く現地スタッフを紹介したい。

まずはプログラマのトップに立つROY君。

roy.jpg

英語、インドネシア語、日本語を使いこなすバイリンガルの中国人。現地に育ったお陰で何故か中国語は話せない。。パソコンが大好きなかなりのシャイBoy。最初は緊張してか初対面の私に眼も併せてくれなかったが、交流するうちに最終的にはいろんな話をしてくれた。同国で今回新たなタイアップ企画が決まったのも彼の通訳のお陰である。


続いてデザイナーのSurya君。

suruya2.jpg


申し分ないルックスを備えた彼は美意識がハンパなく高い。デザイン要件を与えてもかならず自分なりの拘りを乗せた状態でアウトプットを出してくれる。気さくでコミュニケーション力も高い為、今後に期待です。


そして最後にプログラマFatio君。

suruya.jpg

積極的に私に話しかけて来てくれ、社内でもRoy君やCTOに積極的に質問しながら技術を磨いてくれていたようだ。社内唯一のイスラム教の彼は毎週一回お祈りに行ってるようなので次は是非見に行きたいと思う。

インドネシアは日本のインターネットの10年前が正に起こっている。人口世界第4位、Facebookユーザー世界第2位を誇る同国には世界各国から企業が集まってきているようだ。引き続き見過ごせない同国の成長に当社もどっぷり浸かってチャンスを掴み取りたいと思う。

今回の出張でもパートナー始め、さまざまな方々にお世話になった。同国においてバズーインドネシアが独立採算の体制を構築し、経済発展に貢献することが皆さんに対する最大のお礼であることを信じ、この場を借りて改めてお礼申し上げたい。

Terima kasih atas kebaikan anda.

zentai.jpg

~日本発世界へ 挑戦と冒険に挑むベンチャー企業~
バズー株式会社
代表取締役 森下洋次郎

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://president.buzoo.jp/mt4/mt-tb.cgi/433

コメントする