2012年4月アーカイブ

今日は魅力的な人間の育て方に関して私の考えを述べておこう。

私の考える「魅力的な人」とは、今までに色々な経験を積んでいる、自分の考えをしっかり持って自信のある言動、行動をとる、何をしていてもそこから楽しみを見出すことができる、そんな人のことである。そういう人は周囲を魅了するし、周りからまた会いたいと思われる為、自然と人が集まってくる筈である。

ポイントは若い頃からそれまでにたくさんの実体験を積んだか否かである。例えば、留学をした事がある、5カ国語を話す事が出来る、体育会の部活のキャプテンを務めていた、音楽コンクールで全国優勝した等である。 補足しておくと、これはただ経験自体の素晴らしさを問うてるわけではない。「何をしたかよりもどう感じたか。」こういう体験の積み重ねが人の魅力を生み出す原動力になる。自分の思っていることを自分の言葉で表現ができる、やらされていのではなくいつでも前向きに取り組むことができる、こういった人はやはり誰から見ても魅力的と言えるだろう。

以前、説明会にて「森下さんは昔から社長になりたかったんですか?」と聞いてきた学生がいた。「どうして?」と聞くと「説明会の時に理想の自分になることを目指すべきと森下さんはおっしゃってましたよね?だから、一度聞いてみたかったんです」と言うのです。「昔からじゃなかったけど魅力的な人になりたいと思い続けた結果が社長だったんだよ。」と答えると、「なるほど!」と嬉しそうに帰っていった。

最後に、一言で「魅力な人」とは何かと聞かれれば、また会いたいと思うかどうかである。アナタが一度そうなってしまえば人生は劇的にいい方向に向かっていくであろう。


~日本発世界へ 挑戦と冒険に挑むベンチャー企業~
バズー株式会社
代表取締役 森下洋次郎